1年が経ちましたが、昨年はコンピューターの前に立って、

1年が経ち、昨年、コンピューターの前で、現場からの断続的な生放送を見ています。台湾の未来についての法案について、それまで人々が暴力的な議会を直接ブロックしていると感じた「2つの世界」について、今でもかすかな浮上し、立法院の隣の通りに歩いています。落ち着きのない過敏症があります。中山南路の出口は、この問題が凍結されているにもかかわらず、1年間の自分の虚偽のイメージです。少しの勝利:ますます多くの不正が公表されてきましたが、まだ長い道のりがあります!去年Facebookや議会で書いたNever Give Upのように、独裁が現実になったとき、革命は義務です

Bir cevap yazın

E-posta hesabınız yayımlanmayacak. Gerekli alanlar * ile işaretlenmişlerdir

shares